東京でヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛 東京

今流行のヒゲ脱毛。
その昔は毛深いことから脱毛を検討する人が多かったですが、今ではファッションとして無駄な部分の処理という形で、若い人から年配の人まで当たり前に行っています。

ヒゲ脱毛サロンは数ありますが、当サイトでは一番安定したスキルと技術、そして施術結果が得られる東京のヒゲ脱毛サロンを紹介しまし。

東京のヒゲ脱毛比較

メンズTBC
メンズTBC

メンズTBC ヒゲ脱毛
ローラさんの広告・中刷りでも有名!【ヒゲ脱毛 ローラ TBC】
短期集中ヒゲ脱毛パックで、脱毛するたびに青みすっきり!

 
ダンディハウス
男のエステ「ダンディハウス」のひげ脱毛

ダンディハウス ヒゲ脱毛
キムタクがCMを勤めている男のエステサロン【ダンディハウス】
毎朝ひげを剃るのが面倒なら、確実性、安全性の高く、無駄なく丁寧な施術が定評のダンディハウスがおすすめです。

 
東京イセアクリニック
東京イセアクリニック

東京イセアクリニック ヒゲ脱毛
ひげ永久脱毛なら効果抜群の医療レーザー:男性用【ゴリラ脱毛】
一効果がよく、安心・安全な脱毛がしたい方におすすめなメンズ専用脱毛クリニックです。

 

男性のヒゲ脱毛の注意点について

しつこいヒゲに困っていて、脱毛をしたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。そうしたヒゲ脱毛をする時には、サロンなどへ通うのが一番手っ取り早い方法なのです。やはりサロンでは、そうしたプロの技術によってたちどころにヒゲ脱毛をしてくれるのです。
髭剃りなどでは剃り跡が残って、青く見えてしまうというような来たならなしい感じなる場合もありますが、ヒゲ脱毛をサロンでしてもらったときにはそのようなことがないので非常に助かるのです。
このようなヒゲ脱毛をサロンでしてもらうときの注意点としてはまずは、濃すぎるヒゲの時には時間がかかってしまい、また痛みもひどいということです。
そうしたために最初に期待していた時間で脱毛をしてもらうことができないというようなこともあります。自分ではどれぐらいのヒゲの濃さなのかはわかりにくいので、そうした注意点などは、事前にサロンの人に聞いておいて、相談すると良いのかもしれません。

ヒゲ脱毛を無痛でするためのコツとは

“ヒゲが濃くて悩んでいるというような人は少なくありません。やはりヒゲのないようなすっきりした顔つきをしていると若々しく見られるものなのです。このヒゲ脱毛を行うときには自宅で脱毛のためのクリームを使用したり或は髭剃りを使ったり、髭を抜くというような方法があります。
こうした方法によっては痛みを伴うときもありますので、なるべく無痛で行うようにしたいものです。無痛でヒゲ脱毛を行うためにはまずは、顔を保湿する必要があります。水分が多ければ、それによって毛穴が広がりますので、それによって髭の脱毛がしやすくなるのです。
ヒゲ脱毛をする直前に電子レンジなどを使ったりして、暖かく蒸したタオルなどを顔の上に載せておくなどすることによって、毛穴などが広がって無痛で脱毛をすることができるようになるのです。こうした方法を利用することによってスムーズに髭の処理ができるようになりますので、覚えておくと便利かもしれませんね。”
出典:男性も永久脱毛をする人が増えている!ひげ脱毛の魅力
東京のヒゲ脱毛 店舗紹介
店舗紹介
メンズTBC
MEN’S TBC
渋谷店
〒150-0042 渋谷区宇田川町20-11 渋谷三葉ビル5F

上野店
台東区上野6-16-17 朝日生命上野昭和通ビル2F

池袋本店
豊島区東池袋1-1-4 タカセセントラルビルB1F

自由が丘店
目黒区自由が丘2-13-6 KN自由が丘プラザ2F

LOTTE CITY錦糸町店
墨田区錦糸4-6-1 LOTTE CITY7F

新宿本店
渋谷区代々木2-7-8 東京南新宿ビル 4F

新宿東口店
新宿区新宿3-27-4 新宿御幸ビル4F

銀座店
中央区銀座3-3-16 読売銀座三丁目ビル7F

町田店
町田市原町田6-10-3 リンズパークビル1F

立川店
立川市曙町2-12-1 曙ビル2F

ダンディハウス
新宿本店
東京都新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋ビル 4F

新宿中央口店
東京都新宿区新宿3-37-11 安与ビル5F

渋谷宮益坂店
東京都渋谷区渋谷2-20-11 渋谷協和ビル 11F

池袋店
東京都豊島区池袋2-2-1 ウイックスビル4F

池袋サンシャイン60通り店
東京都豊島区東池袋1-13-6

銀座店
東京都中央区銀座5-9-1 銀座幸ビル5F

赤坂店
東京都港区赤坂6-6-3 SUH赤坂2F

上野店
東京都台東区上野2-6-12 上野東洋ビル6F

自由が丘店
東京都目黒区自由が丘2-9-19 Gビル自由が丘01 コリーヌ館 地下1F

丸井錦糸町店
東京都墨田区江東橋3-9-10 丸井錦糸町7F

東京イセアクリニック

一度はしたいヒゲ脱毛:費用について

仕事などをする時に身だしなみはとても大切です。特に営業などのような社外の人と頻繁に顔を合わせるというような場合ですと、髭が伸びているとどうしても不潔で不真面目な印象を与えてしまいますので注意が必要です。
こうしたヒゲの問題を解決してくれるのがヒゲ脱毛です。こうしたヒゲ脱毛はサロンなどで行ってくれます。しかも永久脱毛として、一度脱毛をしてもらいさえすればもう二度と生えてこないので、とても便利なもので、一度はしたいものです。
このヒゲ脱毛をしてもらうときに気になるのが費用ではないでしょうか。確かにいくら便利でも値段が高すぎると利用をするのに二の足を踏んでしまうものです。
このヒゲ脱毛の費用を少しでも安く済ませるためにまずは、いろいろな店舗の料金を比較するようにしてみましょう。その中から最も安いところをさがすようにしたり、キャンペーンを行っているところを探すようにして、そこへ通うようにすることで費用を抑えることができるのです

男性も永久脱毛をする人が増えている!ひげ脱毛の魅力

ムダ毛に悩む方は何も女性だけではありません。

男性でもムダ毛に悩んでいる方が増加していて、特にひげの脱毛を検討している方がとても多くなってきているのです。

男性の中でも特にひげが濃い方にとってはとても深い悩みのようで、朝しっかりと処理をしても夕方にはまたかなり濃い状態になってしまうようで、困っている人はとても多いのです。

ひげ永久脱毛 東京

もちろんメンズでも脱毛をすることが出来るのですが、エステで行うよりもクリニックで行ったほうが脱毛効果がとても高いので、ぜひクリニックでの脱毛をおすすめいたします。

実はクリニックでの脱毛はレーザー施術になるので、永久脱毛をすることが出来るのです。

永久脱毛をすることによって、今後全くムダ毛について悩むことがなくなるので、この方法を選んでいる方が多いのです。

クリニックでの脱毛は医師が行うので、皮膚の状態をしっかりと見て頂けるのが大きなメリットだと言えるのです。

メンズ専用のクリニックもあるので、安心して施術を受けることが出来るのです。
ヒゲ脱毛するならこちら

気になる!ヒゲ脱毛の豆知識:埋没毛とは

ヒゲをきちんと毎日剃っているのに、剃り跡が残ってしまったり、あるいは青く見えてしまったりすることはよくあります。

その原因の一つして埋没毛があります。

埋没毛というのはその名前の通り肌の中に埋没している毛なのです。

ヒゲ脱毛:埋没毛

そのために、髭剃りで剃ろうとしても剃ることができませんし、髭を抜こうとしても抜くことができないものなのです。

どうやっても処理ができないものですので、そのせいで見た目が悪くなってしまうものです。

しかしそれを処理する方法がないわけではありません。それはサロンなどのヒゲ脱毛を利用することです。

ヒゲ脱毛では光やレーザーを射出することによって、肌の中の毛根を死滅させるというような方法で脱毛を行うのです。

ですからこのようなヒゲ脱毛の場合ならば、肌の中に埋まっているような毛であっても脱毛をしてもらうことができるのです。

自分の力ではどうしようもないような毛もこうしたサロンならば処理してもらうことができるのです

低価格でできるヒゲ脱毛について

男性にとって毎日剃るヒゲは案外邪魔なもので、剃らないですめば良いと思っている人は多いです。
そういう方に向いているのがエステなどで利用できるヒゲ脱毛で、この頃は低価格で利用ができます。
低価格 ヒゲ脱毛
このような処理は以前から利用することができましたが、昔は施術を受けるために高い費用がかかっていました。そうなっていた理由として効率の悪い施術方法があり、それが原因で負担が大きくかかることがありました。しかし最近は光を使った効率のいい処理方法があるので、軽い負担で利用をすることができます。この光を使った処理は短時間で終わりますから、忙しい方でも利用がしやすいものになっています。
そして光を使った処理が高い人気を得たので、エステなどではキャンペーンを行っていることがあります。そのようなキャンペーンを利用することができれば、かなり安い値段で施術を受けることができます。最近のヒゲの脱毛処理は使いやすくなっており、低価格で質の良い施術が利用できます。

ヒゲ脱毛でよくあるトラブル

ヒゲ脱毛でよくあるトラブルといえば赤みがあげられますこれはヒゲが身体の体毛の中でもトップクラスの濃さと剛毛さを誇っていることが多いためで、抑毛効果を感じるためには強いレーザーやフラッシュの光を照射しなければならないため、肌の負担が増えてしまうことが原因です。
ヒゲ脱毛トラブル
そのため剛毛で肌が弱い人は痛みを伴う赤みや、じんましんのようなポツポツとした発疹が起こることが多いのです。また男性の場合は普段から日焼け止めを使用している人が少なく、脱毛後に紫外線にあたり日焼けをすることによりトラブルが引き起こされることがあります。
そのためヒゲ部分に日焼け止めを塗って紫外線予防をしたり、帽子や天気の悪い日を選んで施術を受けるなどの心配りをすることが大切となります。
普段から顔のお手入れをしていない場合は肌が乾燥していて赤みやかゆみなどが生じやすくなるため、メンズ専用化粧品などを利用してヒゲ部分の肌に潤いを与えておくこともオススメです

ヒゲ脱毛への日焼けの影響は?

ヒゲ脱毛を考えているのであれば、気を付けなくてはならない点があります。それは日焼けをしてはならないという点に注意しなくてはならないのです。なぜいけないのかというと、
ヒゲ脱毛 日焼け
施術を行ってもらうことが出来なくなる場合があるからです。特に見た感じで肌が傷んだ感じではないのであれば、施術を受けられそうなものですがなぜいけないのでしょうか。その理由としては、施術をする時にやけどをしてしまう可能性があるからです。
施術時の特徴として、黒いものに反応をしてしまうという点があります。黒いものに反応をすることによって、その部分がやけどをしてしまうような事があるのです。そうなってくると危険ですので、施術を受けさせてもらうことが出来なくなってしまいます。ですので、ヒゲ脱毛を考えている時には、日焼けをしないように気を付けなくてはなりません。出来るだけ紫外線を浴びないように気を付けるようにして、施術を受けに行くようにしましょう。

ヒゲ脱毛の方法について

ヒゲの脱毛方法は、家庭用のレーザー機器を使用することも考えますが、少々使用するのは不安が残ります。確実にヒゲを脱毛するには医療機関で施術をうける医療用のレーザー脱毛やエステで可能なフラッシュを使用した方法、細い針を使用する方法などが確実です。最も効果が期待できるのは医療用のレーザーを使用した施術です。家庭やエステは使用できない強力なレーザーを扱い、処置時間は少なく施術を行なうことが可能です。レーザーの出力が強いため、施術には痛みを感じ、施術後に皮膚トラブルを起こすことも考えられますが、医療機関で施術をうけ、医師が麻酔や薬の処方を行なうため安心して施術をうけることが可能です。
ヒゲ脱毛方法
エステで施術が可能なのはフラッシュを使用した痛みが少ない方法です。医療レーザーよりも出力が弱いため痛みは少なく、費用も比較的安価です
黒いメラニン色素に反応して施術を行なうため、日焼けした肌などには施術はできません。ニードルと呼ばれる方法もあります。
これは毛根ひとつひとつに直接細いハリで弱い電流を流して施術を行ないます。
施術に時間がかかり痛みもありますがヒゲを無くしたい部分と無くしたくない部分は残すことができます

ヒゲ脱毛をするメリットは?

脱毛をする部位として人気があるのは女性の場合はワキがありますが男性の場合はヒゲが人気部位になっています男性の場合はなぜヒゲが人気部位になっているのでしょうか
ヒゲ脱毛 メリット
それには大きなメリットがあります。なんといっても朝の手入れが楽になるという点です。営業マンなどの場合は、身だしなみがとても重要になってきますので、朝剃らずに仕事に行くわけにはいきません。しかし朝剃っていたとしても、濃い人の場合にはお客様に会う時にはすぐにまた生えてしまっていることがあるのです。そうなってしまうと、一日のうちに数回剃らなくてはなりませんので、とても手間になってしまいます。しかしヒゲ脱毛をしていれば、そんな手間がかかることもないのです。その他にも、肌を傷めなくてもすむという点にあります。自分で剃る時に失敗をしてしまえば傷になってしまうようになりますので良くありません。剃らなければ肌を傷めないというメリットもうまれてくるようになるのです。

ヒゲ脱毛での保険適用について

ヒゲは毎日剃る人も多いですが、やはりカミソリやシェーバーは肌には負担となりますし、濃い人の場合は剃ったあとも剃り後が目立ってしまいます。最近は医療機関でのヒゲ脱毛も人気となっており、レーザーや針脱毛で処理が行なわれています。エステサロンの施術と比べ、出力も高く早く効果を出すこともでき、確実に毛の量を減らすことができます。
ヒゲ脱毛 保険
美容外科や美容皮膚科などの医療機関では医療の知識があるスタッフが対応してくれることも安心感があります。この場合は医療行為となりますので、保険適用されるのかどうかも気になるところですが、疾患の治療ではありませんので、保険適用は行われないこととなっています。それゆえに施術にはそれなりの費用も必要となりますので、施術を行う前には、いくらぐらいの費用が必要なのかよく確認しておきましょう。さらに同じような施術内容でも、医療機関ごとに施術料金は違いますので、各医療機関ごとの費用の比較も行っておきましょう。